ランコム様に

ちょっと苦言です。

私は化粧品のランコムが大好きで学生時代からずっと愛用。
だから、かれこれ、30年。

長い愛用者ですね〜。

昨日は、デパートの中のランコムさんに、
プチ切れ。

最近のお気に入りは、芯を取り替えられるアイブローペンシル。
芯がなくなったので、中のカートリッジだけを購入しに立ち寄った。

中には、2〜3人のお客様が椅子にすわり、
カウンセリングだかなんだか、あれこれ化粧品を選んでいる。
販売員も2~3人がかかりっきりだ。

販売員がお客様を離れるのを何分か待った。
お客様から離れた販売員に、現物を見せ、この取り替えの芯が欲しいと言うと、
「ただいま、立て込んでおりまして、お待ちいただくことになります」
と。
私もお客様相手の商売をしているので、気持ちはわかる。
「じゃあ、わたしは20分ほど他の用事をしてくるので、
芯を用意しておいてくださいますか?」
と言った。

と、販売員、

「そのときにお客様がまだいらっしゃたら、またお待ちいただくことになります」
(あほか!)

と、私はここで

「あのね、替え芯で、そんなに待ちたくないの。とりあえず、用意しておいてください。
戻ってきたときにダメだったら、キャンセルします」

20分後、戻った際には、お客様はゼロ。
お金を払うと、遠くのレジまでダッシュして釣り銭とレシートを持ってきてくれた。

上司のような販売員が「申し訳ない」と謝りに来たが、全く心がこもっていない。
マニュアル通りだ。
おそらく販売員もマニュアル通りなのだ。

たった替え芯1本で、そんなに大事な客でないと踏んだのだろうか。
私もたった1800円の替え芯で、そごうの中をうろうろしなくてはいけないほど、
暇ではない。

年始にも、広島のそごうのランコムで替え芯を購入した。
弟夫婦と買い物の途中、なくなったので、買おうと
「ちょっといい?」
と待っていてもらったのだ。

その替え芯1本を購入して、弟の嫁さんに、
「おねえさん、たくさん買い物しはったん?
と言われるほど時間がかかった。

いや、アイブローの替え芯だけだと答えると、

「それは、すごい高いもんなんか?」と嫁さん。

「いや、1800円」

え〜、そんだけ買うのに、そんなに時間がかかるんか〜〜! と京都出身の嫁さんは驚いた。

そう、時間がかかる。

何故なら、ランコムは、お客様がいつなにをどこで買ったかを徹底的に管理しいるため、
たった替え芯1本でも、
メンバーズカードの提示。
本人の確認。
以前、それをどこでかったか、確認。
色はこれでいいか確認。
化粧品を箱から出して、商品の確認。
そして、遠くのレジまで行く。

確認が多すぎる。

一度、ランコム様の上層部の方にお話を伺いたいと私は思った。
これは販売員のせいじゃないね。

リフィルくらい、ドライブスルー並のスピーディさを実現できないのかな?
[PR]
by emi_999 | 2011-05-26 09:19


イングリッシュスプリンガー・レム男と子供たちとほんのちょっとの耳より美活ネタ、ほぼ趣味日記。


by emi_999

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ファン

ブログジャンル

画像一覧